肌の老化を早める!?今から始めたい「紫外線対策」

2月から徐々に増え始める紫外線。4月~5月には急激に紫外線量が増加しピークを迎えます。(図1) 「まだ大丈夫!」と油断していると、うっかり日焼けで肌にダメージを与え知らず知らずのうちにシミ・くすみ・しわ・たるみの原因に!! (図2)早めの紫外線対策でしっかり美肌を守りましょう。
uvキャンペーン
毎日の通勤やお買いもの、屋内でも油断は禁物。1日のうちでも紫外線の量は変化し、午前10時~午後2時位までが最も多い時間帯になります。

短時間の外出や洗濯物を干すなど、少しだけなら…と油断しないで、必ず紫外線対策を行いましょう!
木陰でも、大気中で散乱したり地表からの照り返しで直射の40~50%の紫外線が。曇りの時は、晴天時の50~80%の紫外線B波が届きます。
uvキャンペーン

太陽と上手につきあうための5か条

①歩く時は木陰・日陰を選びましょう
日陰に入れば、直射日光の50~60%を防げます。直接太陽に当たらないように心がけて!
②帽子や日傘などで紫外線をブロック
特に紫外線が強くなる4~9月は自己対策が必須!つばの広い帽子や黒、紺など色の濃い日傘が有効です。
③太陽にあたる部分は必ず紫外線対策を!
顔や首、デコルテ、腕、脚など洋服で隠せない部分には日焼け止めをつけましょう。塗りムラのないように注意が必要です。
④窓ガラスには紫外線カットフィルムが有効
紫外線B波はガラスが吸収しますが、A波は透過します。紫外線カット機能のあるガラスやフィルムを活用しましょう。
⑤抗酸化・抗糖化作用のある食材を積極的に摂りましょう
紫外線は体内の細胞を酸化させるとともに、紫外線B波があたる事により、糖化の原因(老化につながる)となるAGEsが増加する事が明らかになりました。緑黄色野菜や果物、ドクダミ茶など、抗酸化・抗糖化作用の高い食材を毎日の食事に取り入れましょう。
uvキャンペーン
uvキャンペーン
uvキャンペーン
uvキャンペーン
メディア
チズビー
クラージュ
美肌茶房
本品
本品
本品
本品
本品
本品
本品
本品
本品
定期便のご案内